本文へスキップ

死後数日経っている遺体は周囲を汚染しているので簡単に清掃できません。

特殊な作業の流れ

遺体周辺の汚染物除去

特殊な作業の流れ 写真

まずは臭気の原因になる遺体から発生した汚染物を除去することになります。 これをしなければ部屋の中に立ち入るのも危険で、またさらに悪臭がひどくなって いくので近隣住民にも迷惑をかけますし、部屋中に臭いがどんどん染み付いていく のでできるだけ早く手を打たなければなりません。 死後数日経過した遺体からは血液や体液、汚物など通常の掃除では処理しにくい 汚染物が出ています。 これらを除去して廃棄処理することが最初の作業になりますが、一般家庭にある 清掃用の道具では落ちない汚ればかりで、特殊清掃業者の用意してきた薬品類を 使っての作業となります。 遺体の周囲に発生した蛆虫などの害虫駆除も行います。 これをしないままでは室内が不衛生で、無防備に立ち入ったら病気に感染してしまう 恐れもあります。 不思議なもので蛆虫やハエは遺体の周りにどこからともなく発生するので、どんな 環境であろうと死後数日経過していればほぼ間違いなく害虫駆除をする必要があり、 これが素人が特殊現場の清掃を困難にさせる理由にもなっています。 悪臭の原因となる汚染を除去できたら部屋に染み付いた臭いの消臭です。 臭いの原因に合わせて薬剤散布、オゾン脱臭機などを使った複合消臭によって、 換気よりも短時間で部屋の中を消臭します。 ですが床や壁にまで臭いが染み付いているようならこれだけでは完全に臭いが取れず、 原状回復とはいえませんのでそちらの対策も行う必要があります。 畳を張り替えてフローリングも撤去して新たなものに、壁のクロスも貼り直します。 どこまでやる必要があるかは最初に業者が部屋をみればわかるでしょうから、 見積もりの段階で作業内容を確認すれば原状回復までにどれほどの期間がかかるかも 教えてもらえるでしょう。



遺品整理

特殊現場となった故人の住居には家財道具などの遺品が残されています。 特殊清掃をして原状回復したところで、そこに住んでいた住民はもういなくなって しまったので、残された家具や日用品などは処分していかなければなりません。 持ち家だったのでしばらく使う当てが無いしそのままでもいいや、というケースでも 片付ける時間が多くあるというだけで、いずれは処分していくことになります。 賃貸物件での孤独死だと遺品整理はもっと速やかに行わなければなりません。 片づけが終わったら家主に引き渡して賃貸契約を解除しないと、いつまでも家賃が 発生し続けることになるからです。 残留物によって汚染されているものならほぼ無条件に破棄していくことになりますが、 そうでないものは1つ1つ確認して捨てるべきか残しておくべきかを判断します。 これを整理して適切に処分するのは遺族の役目ですが、全てに目を通して処分して いくのはたいへんな作業で、普段通りの生活をしながらそれを行っていては 長期間に渡る作業になるでしょう。 また遺体のあった場所に置かれていた家具はそのまま使えるとは限らず、汚染の程度 によってはすぐに処分しなければならないことも考えられます。 特殊清掃業者の行うサービスは特殊現場の掃除だけでなく、そういった人の死に 関すること全般に渡るので、遺品整理のサポートも扱っています。 汚染されて使えない、あるいは不要になった家財や家電類もまとめて廃棄処分 してくれますし、通常では処理しにくい物でも任せることができます。 自分の手で遺品に触れることに対して心の準備が出来ていないなど、遺品整理を 行う自信がなければこれもプロの業者に依頼したほうが早いかもしれません。



遺品整理を任せた方がよいケース

特殊清掃と違って遺品整理は特別な技術も必要なく、残された遺族の方でも時間さえ かければ進めていくことはできるでしょう。 とはいっても時間はかかりますし急いでやらなければならないケースもありますので、 全ての方が1人残らず自分の手で行えることでもありません。 ではどのような人が遺品整理を業者に依頼するとよいのでしょうか。 遺品整理で一番問題になるのは量でしょうから、自分では手に負えないと思えるほど 大量の遺品が残された場合は業者にお願いしたほうがいいかもしれません。 自分にしか判断ができない大切な品というのはあまりありませんので、大量の遺品整理 を業者に任せたとしても、処分したくないものまで処分されるということはそうそう ないでしょうし、処分してはいけない通帳なんかは誰が見ても残しておかなければ、 ということがわかるので間違いも起きません。 つまり身内の人間がやっても業者の方がやっても、残される遺品自体はほとんど 変わらないのです。 たいした量でなければ自分の手でやればいいし、多すぎて時間的に厳しいのであれば 業者に依頼するほうが葬儀やらで忙しい身としてはスムーズにいくでしょう。 また量だけでなく質、大きな家具類をいくつか処分しなければならない場合も業者 に任せたほうが手間が省けます。 タンスやベット、電化製品を一度に処分するのはなかなか大変で、レンタカーで トラックを借りて数人がかりで運び出す作業になるかもしれません。 軽い物だけなら時間をかけてゆっくり処分していくことも出来るでしょうが、冷蔵庫 や桐箪笥を自力で処分しようと思ったら時間をかけても不可能です。 力持ちが数人必要になるので、人手を集めるのが大変そうなら業者に全て引き取って もらえるよう、遺品整理をお任せしてしまうほうがよいでしょう。



バナースペース