本文へスキップ

死後数日経っている遺体は周囲を汚染しているので簡単に清掃できません。

『本当に頼りになります、特殊清掃業者』は、特殊現場の清掃について 詳しくない人にもわかりやすく、 特殊現場とはなにか、特殊清掃しなければならないのはどんな場所か、 といった特殊清掃に関するあらゆる情報を紹介します。

特殊清掃

特殊清掃とは普通の汚れを清掃するのとはわけが違い、その名の通り特殊な状況 となった場を清掃することです。 掃除機や箒でのお掃除ではなく、自殺や孤独死、事故などで亡くなられた遺体が発見 までに時間が経過して腐乱してしまった、など雑巾で拭いた位じゃどうにもならない ような現場の、特殊なケースでの清掃の事です。 ひとり暮らしの方が孤独死をして死後数日たっている遺体が発見された場合、 部屋の中はハエが飛び回り悪臭も酷く、凄惨な状態になっています。 そのような場所を元の状態に戻すために特殊清掃というのがあるのです。


特殊清掃のプロ

孤独死や事故死など遺体のあった特殊現場、火事のあった火災現場などを片付け なければならないとしてもそれが困難な場合もあります。 もし身近でそんなことがあったら無理をせず、プロの特殊清掃業者に依頼してしまった 方が安心できるでしょう。 素人ではどうにもならないような問題でも、彼らには経験とノウハウがあるので どんなことでも解決することが可能です。 料金が気になるとは思いますがまずは電話で状況を伝えればおよその見積もりを 出してもらえますし、なにより任せられる業者があるということを知るだけでも そんな非常時に心を落ち着かせることができるでしょう。


特殊な作業の流れ

特殊清掃を依頼する場合、どのような流れで作業は進んでいくのでしょうか。 まずは電話かメールで連絡をして見積もり、プランニングとなります。 現場の状況を伝えればおおよその見当をつけてもらえますので、多少取り乱していても 業者は把握してくれるでしょう。 そこでとりあえず何をすればよいのか、アドバイスをしてもらうこともできます。 相談に乗ってもらいながら、こちらの希望を伝えてその後の作業をどのように 進めていくかを話し合って決めていきます。 業種が特殊なだけあって対応は年中無休24時間体制のところが多く、非常時には とても頼りになる存在でしょう。


素人には危険な作業

特殊清掃は文字通り特殊な現場を清掃することで、専用の装備も必要になりますので 一般の方や主婦など誰にでもできる清掃ではありません。 血液や体液で汚れた現場に対応する清掃で、血液には血液用の洗剤を使うなど 一般家庭には置いてない道具も使用して行われます。 よくわからないしなんとかなりそうだから自分でやってみよう、と安易な気持ちで 手を出すのはとても危険なことです。 普段は使わないような洗剤・薬剤で汚れを落としますが、使用方法を間違えると 有毒ガスを発生させてしまうこともあります。 道具が揃っていて正しい使用法を身につけているのであれば問題ありませんが、 そうでなければ火災現場や特殊現場の清掃は業者に依頼しましょう。


バナースペース

高額査定の質屋
タカハシライフは名古屋市中村区で創業60年の、安心と信頼の老舗質屋です。
http://www.bros78.co.jp/